初めての妊娠では分からない二人目の妊娠で分かったこと

上の子を妊娠した時は、初めての妊娠だったし、待ちに待った待望の妊娠でもあったので、お腹の子に何かあってはいけないと、とにかくいろんなことに神経質になっていました。重いものは絶対に持たなかったし、コーヒーもチョコもコーラも「カフェインが入っているから」と口にしなかったし、お菓子(特に生菓子)は原材料を見て、お酒が使われていないか必ずチェックしていました。常にネットで妊娠・出産の情報を検索していたし、妊娠中に食べてはいけないものは常に常にチェックしていました。でも、二人目を妊娠した時は、全然違いましたね~。まだまだ上の子が小さかったし甘えん坊だったので、毎日のように抱っこしてました。重さにしたら10kg以上の子供を臨月まで普通に抱っこして歩いてましたね。最初の妊娠で「重いものもったら流産しちゃうかも!」て買い物袋も持たなかった日々は何だったんだろうな?て感じです。食べ物も、全然気にしないでなんでも口にしていましたね(アルコール以外)。妊娠中の重たい体で、元気いっぱいの幼児の相手をするだけでもすごい疲れるし、膀胱が子宮に圧迫されて、尿意で夜中に何度も目が覚めてしまって、妊娠6か月くらいから寝不足で、コーヒーとかチョコとかとらないと、子供の相手をする元気が出ませんでしたね。食べ過ぎには注意してましたけど・・・。生菓子も、「ちょっとくらいなら大丈夫でしょ」と、アルコール入りのものも普通に食べてました。上の子の時は、安産で産みたいと、臨月になったら毎日階段の上り下りをしたけど全然陣痛が来なくて、結局予定日を過ぎてバルーンで子宮口を開いて出産になりました。一応、子宮口が開いたら普通に陣痛が来て安産ではありましたが・・・。でも二人目の時は、臨月のある日ちょろちょろと破水してることが分かって即入院。その日の夜に陣痛が来て、これまた安産でした。その時思ったのは、階段の上り下りくらいじゃ陣痛なんかこないんだな~って事。臨月入っても毎日10kg超の子供を抱っこして、あちこち駆け回る子供を追いかけて普通にダッシュしちゃったりして、一人目の時とは比べ物にならないくらい臨月の日々はしんどかったけど、あれくらい動かないと陣痛って来ないんだろうな、て。じゃあ、生まれた子に差はあるか?って言われると、二人とも全然元気で健康です。何かを気にしても気にしなくても、子供にはさほど影響はなかったな、て思いました。あれほど妊娠中に食べ物に気を使っていた上の子よりも、何でも食べてた下の子の方が肌が強いくらいですもん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です