出産のその日までずっと待ち望んだ体重増減ゼロの妊婦生活

ひとりめの子どもを妊娠したときは、妊娠に気がづいた日から出産のその日までずっとつわりが続きました。

結婚後、妊娠希望をしていたため、半年間後にやっと赤ちゃんを迎えられるとわかったときはとても嬉しかったのですが、その日以来乗り物酔いをしているような状態がはじまりました。

眠っているときは良いのですが、起きているときはずっと乗り物酔いをしているような状態で、これが安定期に入ってからも収まらないことには本当にがっかりしました。
妊婦さんの多くが経験する、ごはんの炊ける臭いやスーパーの臭いなどもダメになりましたが、幸いだったのは気分が悪いだけにとどまって、吐いてしまうところまではいかなかったことでしょうか。

常に気分が悪いのですが、家事や食事の支度は夫のためにやらなくてはならなかったので、炊飯中は別の部屋に避難するなどの方法でなんとか頑張っていました。
どちらかというと人よりもたくさん食べるほうですし、食べることが大好きだったわたしですが、当然食欲も落ちました。

食べたいものがときどき浮かぶので、優しい夫は料理してくれたり買いに行ってくれたりしたのですが、その気持ちが申し訳ないくらいほとんど食べられないこともありました。
食べられそうなものが浮かんで、食べている自分を想像して大丈夫そうだと思うのですが、実際口に運ぶとひと口でギブアップしたり、半分程度残してしまうことも多かったです。

つわりと暮らした10か月間は本当に辛かったです。
いつになったらよくなる日が来るのか、毎日明日こそはという気持ちで寝たものです。

妊娠後期になるとお腹も大きくなり、今度は子宮が圧迫することによって胃の不快感も増し、ゲップがうまく出せない状態になるなどして不眠が始まりました。
肉体的にも精神的にも本当にしんどい日々でしたが、予定日前に逆子がわかり急きょ帝王切開手術で出産することになったときは少し安心しました。

健診の日に、今日の午後手術をしないかといわれ、本当に緊急状態だったのですが、一度準備に帰って忙しく荷造りをしながらもわくわくしていたのを覚えています。
実際は地獄のような手術だったのでそのあとにさらにひどい思いをすることになるのですが…。

妊娠中にずっと続いたつわりは、帝王切開の手術後には嘘のように消えていました。
結果的にわたしは体重増加がまったくなかったのです。赤ちゃんの重さと羊水などを含めると、自分自身の体重は減少したことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です